忍者ブログ
ガレージキット作ったりご飯たべたりです 。最新情報はツイッターで  よしひにご用事→yoshihikobo#gmail.com (#を@に)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
最新コメント
プロフィール
HN:
よしひ
性別:
非公開
趣味:
ガレージキット制作やおえかき
自己紹介:
のんびりものづくりしております。

twitterは奇声など普段ろくなこと話さないです。
yoshihikobo#gmail.com…メールはこちら
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
そういうことでですね
私はホラー映画もとても好きなんですよね
身近には映画好きは多いのですがホラーに的を絞るとあまりいないもんでさみしいですが

ホラーが好きでさ…というと、メジャーどころの13日の金曜日とか、あのへん?の話になることが多くてこう、自分の好きなやつを言っても変な空気になりそうだな…と尻込みしてしまいますな
とても好きだというだけで何年公開とかのデータに明るくはないんですけどもね


自分のホラー好きルーツを思い起こしてみると…

自分が小学校低学年のころに、両親がたまにレンタルビデオ屋でホラーものを借りてきてたのですが、一番衝撃を受けたのがチャイルドプレイでした

渋めの刑事が何らかの事件を調査する場面でたまたま自分が居間に入ってきまして
自分「これって刑事コロンボ?(当時金曜ローでよくやってた。予告だけ見て知っていた)」
親「うんそう」
というやり取りののち、ものすごいキッパリと言い放った親の言葉を真に受けそのままお絵かきの合間にチラチラ見ておりました

今思えば親は全く自分の話を聞いてなかった…

そのまま見ながらなんとなく、怖い感じなのでは…とは感じ取りましたが今までもバタリアンなど見ていたので余裕でいたのですが

終盤チャッキーの豹変ぶりに自分は言葉を失い、丸焼けでなお蠢き殺しに来る様を見て腰を抜かしてその場から動けなくなってしまいました
例にもれずしばらく人形が怖くなってしまいましたが
今思うとこれがはっきりホラーを意識するようになったきっかけのような気がします

それからはレンタルビデオ屋に行けばホラーのコーナーばかりをうろうろしてジャケットを記憶したり、裏面を見て内容を想像したりして楽しんでいました
見たことないけどタイトルとあらすじだけは知っている、知識はすごいノーベル状態でした

学生期はホラーより漫画やイラストに傾倒していたためあまり触れずに過ごしていました。
限られたお金ではビデオを購入することは難しかったですし…レンタル会員にもなれなかったしなあ

それからさらに時を経て、2000年頃からDVDが新しい映像媒体として普及し始め、少しづつホラービデオがDVDソフト化されてくるようになります
しかしまだネットショッピングが今のように手足のように使えるような便利なものではなく、amazonも当初は「注文しても品物が全然来ないネット書店」程度であったため、自分はまだそういったソフト化の存在に気付けずにいました

五年ほど前だと思うんですが、DVDはamazon!ぐらいの意識になるようになった頃にふと
「そういえば昔のホラーってDVDになっているのかなー」
ぐらいの気持ちで外国ホラーを検索したのですが、それがホラー熱再燃のトリガーでした

まあでるわでるわ!
昔思いを馳せていたホラーが一挙に目の前に並び、自分はもう釘づけでした
さらに自分が知らなかったホラーも簡単な紹介付きで膨大な数があったのです

その時もう自分は社会人となっており、それなりに小金を持っていました


……もうね、買いあさりましたよ!
なじみのある作品から、最近の話題作、リメイク、原作……選びたい放題だからね、コレ
一応はレビューの評価などの高い順に買ったり、ある程度の指針にしつつ集めていきました
一時期来る宅配がホラーだけになったこともありました

すべて楽しみながら視聴し、中には何十回とみる作品もたくさんあります
いわゆるクソ映画もありますが、大体は視点を変えればとても楽しんで見れるものばかりです

ホラーは人殺しの残虐な人の負の部分の集合体みたいに言われることも多いですが、自分は優秀な娯楽ファンタジーだと思っています
子供心に、ホラー映画が「テレビの中だからこそ存在する世界」でアニメや漫画と同列視してわくわくしていたことを覚えています
ファンタジーだからこそ、負の部分全開でやりたい放題のホラー映画はフィクションの中のフィクションとして安心して楽しむことに徹することが出来るんです
そしてそれぞれの作品に強すぎる個性がある、私はそんなホラー映画を愛しています
みなさんも是非、夢いっぱいのファンタジーだと思ってご覧になってみて下さい
たちの悪い冗談みたいなホラー映画も、現実にないものだと思えば思いっきり楽しめますよ



……余談ですが、実は自分は日本の心霊ホラーだけは苦手です
もともと怪談がだめなんですが、あの現実っぽさにフィクションスイッチが入らないんですよ…
日本に住んでるからイマイチ画面の向こうだけの…と思い込みきれないのかなー

いずれわりきって楽しめたらいいですな

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © よしひこうぼう All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]